特定小電力トランシーバーの活用について

特定小電力トランシーバーの利便性

イメージ

 

 

携帯電話が発達した今でも、無線機トランシーバーは業務において非常に役立ち欠

 

かせない存在です。何故ならランシーバとは携帯電話と違い、一度にたくさんの人に同じ内容を同時に

 

伝えることができるからです。
トランシーバーとは、特定の一人と話したり、たくさんの人と順番に話したり離れ

 

たところから指示を出したりと持っていると便利なものです。
ここではトランシーバーを使った各業種の業務効率化の例についていくつか挙げて

 

みたいと思います。


歯科医院(歯医者)の例

イメージ

 

繁盛する歯科医院で最も問題なのは患者さまの待ち時間に対するの不満です。実際

 

予約時間を過ぎてしまうケースがあり、患者さまから不満の声も上がりがちです。
問題を分析してみると連絡業務などロスタイムがあるのが分かりました。そのため

 

トランシーバーを導入。
トランシーバーの活用により連絡がスムーズに行くなどのメリットがあります。ト

 

ランシーバー導入まで、各担当が毎回院長のところまで、患者の受診内容の報告に来ていましたが、音声のみで報告できるようになり、時間の節約につながました院内で全てのスタッフがトランシーバを所持し、スタッフ間連絡を行っている。患者様に必要のない情報を漏らす事なく、かつ迅速な対応が行えるようになりました。また診療スタッフ全員にそれぞれの伝えたい内容が即座に伝わることで無駄な動きが無くなり、サービス向上につながり、多少患者様の待ち時間の減少に繋がったとのことです。


大型スーパーでの活用法

イメージ

やはりインカムやトランシーバーが最も活用できるのがスーパーなどの店舗ではな

 

いでしょうか?
もちろん、店内にある在庫の管理、スタッフ間の連絡はもちろんなのですが、店内放送がオンデマンドでできてしまうのです。店内放送によるPRで売上も大きく変わります。
トランシーバーが無いと、店の放送室までスタッフがいちいち、訪問してそこから放送になりますので非常に時間のロスになります。しかしトランシーバーがあれ品出し等をしながらそのような店内放送ができるので、業務効率だけでなく、売上に直結するのです。トランシーバーによって、1対1ではなく、近くにいる数十人のお客様に一度にアピールできるので。活気のある場所にはお客様も集まっててきます。


その他の特定小電力トランシーバーの使い方は下記のページから。
激安な価格のトランシーバーも見つかります