マンション、アパートの賃貸

賃貸不動産屋の仕組み入居者/大家さん/不動産屋さんは、どのような関係か?

イメージ

 

建物の所有者である大家さんが「貸主」と呼ばれています。また大家さんが不動産屋さんに建物を貸し不動産屋さんが入居者に貸し」することで、不動産屋さんが「貸主」になることもあります。
必ずしも「大家さん=貸主」とはかぎりません。通常大家さんから依頼を受けて、不動産屋さんが入居者募集をおこないます。不動産屋
不動産屋さんは、大家さんから管理の委託を受けて、建物や入居者の管理をおこないます。このときの不動産屋さんは管理会社とか世間では呼ばれている。
 管理会社としての主な仕事は次の3つです、
入居者から家賃を受け取り、手数料を引いて大家さんに支払う
家賃滞納者から未払い金を取り立てる
I設備が故障したときや住民間でトラブルが起きたときなどに苦情を受け付ける
入居者と大家さんとの関係を取り持つ といったものか代表的です。
ただし、大家さんが不動産屋さんに入居者募集だけを依頼し、賃貸管理は大家さんが自らおこなっているというケース

 

もあります。このときは入居後に何かトラブルがあったとき、入居時にお世話になった不動産屋さんに連絡をしても対応してもらえません。
代わりに、何かあれば直接大家さんに連絡することになります。