マンション、アパートの賃貸

わけあり物件について

イメージ

 

 

賃貸(貸し部屋)によっては問題があるために初期費用が安かったり、人気エリアに格安の家賃で入居できたりするものかあります。ワケの種類はさまざまですが、主に次のようなものが一般的にいわれています。
・その部屋で人が死んだ
・その部屋で事件・事故があった
・その部屋が入っている建物自体に何か大きな問題があった
・賃貸のまわりに何か問題がある
こうしたワけあり賃貸は建物自体に問題はないものの、「知っていたら入居しなかった」「ちょっと住むには気持ちが悪い」と思うような、心理的な問題がある賃貸(貸し部屋)をさします。このような場合、不動産屋さんには過去の問題について入居希望者に説明する義務があります。
 ワケありの例について詳しく見ていくと、人が死んだ場合については、ある部屋でだれかが「自殺」したら確実にそこはワケあり賃貸となります。ただし、同じ「自然死」でも、その部屋でだれかが死亡したまま長期間発見されず、白骨化していたような場合はワケあり賃貸となります。 事件・事故があった場合については、「殺人事件」があった部屋、になった部屋、「世間を震憾させるような大きな事件を起こした犯人が住んでいた」部屋などは、ワケあり賃貸(貸し部屋)と判断されます。建物のすべての部屋かワケあり賃貸(貸し部屋)扱いになることもあります。

 

次に、「その部屋や建物自体に何か大きな問題があった」場合について。たとえば、特に死者は出なかったものの過去に火災で半焼したことがある賃貸(貸し部屋)などは、建物全体がワケあり賃貸(貸し部屋)にあたります。
こうしたワケあり賃貸(貸し部屋)は通常、貸し出すときにきちんと修繕されるので、生活するうえでは問題ありません。借りる人の気分の問題になりますので、気にならないという人は借りれば良いということになります。
 さらに、賃貸(貸し部屋)のまわりに何か問題がある場合について。たとえば、賃貸(貸し部屋)がお墓や斎場に隣接しているなど、気分に障るものがある賃貸(貸し部屋)などが該当します。こうした周辺環境は変えることができないため、はじめから覚悟して借りることになります。 なお、ワヶあり賃貸(貸し部屋)では、正規の家賃では入居したい人がいないと思われるため、家賃が相場より安くなります。部屋探しをしていて、家賃が相場より極端に安い賃貸(貸し部屋)を見つけたら、その原因が何なのか必ず不動産屋さんに確認してみましょう。

 


どうして「引つ越し費用無料」の賃貸があるの

イメージ

 

世のなかには、大家さんが引っ越し費用を負担するという賃貸貸し部屋物件もあります。

以前は地方などでちらほら見られた程度でしたが、最近では東京でも、「引っ越し費用無料」の賃貸物件があります。
中には、家賃が周辺相場より大幅に高くて、「フリーレット」[礼金ゼロ]「敷金ゼロ」に加えて「引っ越し費用無料」となっていました
なら家賃を下げればいいのにと思ったものです。「引っ越し費用無料」物件は、入居者募集にかなり苦戦している物件だといって間違
いありません。採用している物件はまだ少ないですが、もし、ここまで「無料」サービスがあるなら少し用心したほうがいいでしょう。