マンション、アパートの賃貸の違い

賃貸マンションと賃貸アパート賃貸マンションの方がやや高め

賃貸マンションと賃貸マンションは外観で判断できます。端的にいうと賃貸マンションは鉄筋でアパートは木造です。 立地が同じ条件と仮定するとアパートよりもマンションのほうが高くなります、なぜなら、建物の立地や外観、耐震性、遮音性といった性能は、賃貸アパートよりマンションのほうが優れているからです。そのため、できれば賃貸マンションに住みたいと希望している人のほうが多いことでしょう。賃貸マンション探すときには「家賃」の選択の決めてになります。「安くで、広く、駅近で、新しい部屋に住みたい」というのはだれにでも共通する。自分に支払える家賃に制約があるなかで、より広い、駅に近い、新しいという条件を満たすとすれば、どうしても賃貸マンションよりアパートのほうが選択肢は多くなります。 一方、家賃は高くて支払ってでも、より広い、駅に近い、新しい、周囲の騒音を気にしないしさらに遮音性能や耐震性など重視したい、という人は、マンションを選ぶでしょう。賃貸アパートの入居希望者には学生や若手多く、賃貸マンションの入居希望者には高齢者が多いという傾向があります。これには、やはり家賃が大きく関係しています。 まずは、賃貸マンションアパートをこだわり無く自分で支払えるお金の賃貸物件からマンション、アパート問わず探してみることをすすめます。


マンションとアパートとの違い

 

 





 

賃貸マンション

賃貸アパート

つくり

主に鉄骨、鉄筋コンクリート、鉄骨鉄筋コンクリー卜造の建物(3階建で以上)をいうただし、名称の規定はない。

主に木造、軽量鉄骨遊の建物をいう。ただし、名称の規定はない。「コーポ」「ハイツ」とよばれる物件もある。

立地

・駅に近い物件か多い。・遮音性能、耐震性、耐火性(まわりで起き た火事を遮る性質)か高い。・見栄えか良い。

・賃貸マンションと比べると、家賃か 安い。・同じ家賃のマンションと比べると、部屋 か広い。・天井高の高い物件が多い(ロフトが付い ている物件も多い)。・マンションよりも静かな立地(住宅街な ど)の物件が多い。

料金

賃貸アパートと比べると、家賃が高い・同じ家賃の賃貸アパートと比べると、部屋か 狭い。・ロフトは付かない・アパートよりも騒音が激しい立地(繁華街な ど)の物件が多い

賃貸マンションと比べると・駅から遠い物件が多い。・マンションより遮音性能、耐震性、耐火性 か低い。・見た目に華はない。