マンション、アパート,ロフト

賃貸を借りる時ロフト付きの場合は特に広さには気をつけましょう!

賃貸アパートや賃貸マンションでは、よく「ロフト付賃貸物件がありますたくさんあります。ロフトとはなんだろう単純にいうとロフトとは天井裏スペースのことです。ロフトは、狭い土地を効率的に使うために使用され都市計画法や建築基準法などのによりその
建物の面積や高さは制限されていますが、「3階建てにはできないか2階建てではもったいない」という空間を活かしたいとき、ロフトであれば、その要件を満たせば建築面積に参入しなくて良いこ
とになっています。つまり、建築基準法上の建物面積に含まない空間として、有効なスペースが確保されるのです。 
しかし、賃貸アパート、マンションの広告をには、「ロフトを含んだ面積」で表示されている場合があります。部屋を広く見せたいために、ロフト付きの平米で表記されていることがあるのです
違反じゃないのと疑いたくなりますが違反じゃないのです。
その部分については賃貸不動産屋さんに十分に確認しておくべきでしょう。