マンション、アパートの賃貸で漏水した場合

漏水した場合

イメージ

賃貸住宅の災害で最も多いのが、雨漏りと漏水です。お風呂の水を出しっぱなしにして出かけてしまった、排水口が詰まってあふれてしまったなど、原因はさまざまです。 もし自分の不注意で下の階の人などに被害を与えてしまったら、損害賠償(弁償)しなければなりませんが、内容によっては入居時に加入した火災保険で補償されることがあります被害を与えてしまった相手には、必ず会いに行って謝りましょう。また 台風や大雨のあとに雨漏りが発生することもあります。雨漏りは意外にやっかいです。濡れている箇所がわがっても、原因はなかなか特定できません。たとえば、晴れた日に天井から水が垂れてきたとしたら、上階の部屋で水漏れがあった影響かも
しれませんし、前日の大則のせいで雨漏りしているのかもしれません。結露が原因で壁が濡れている可能性もあります。自分の部屋で天井や壁などに水が垂れることがあったら、すぐに管理者か大家さんに連絡します。できるかぎり早く状況を確認してもらう必要があります。雨漏りの場合、雨が弱まると水がどこから流れてきたのかわからなくなってしまいますし、水漏れの場合はもっと深刻な状況なので早く原因を止めなければいけません。


水漏れの解決方法

 

 

水漏れか雨漏りかによって対応が異なる水漏れしたら、すぐに管理者(管理会社か大家さん)に連絡し、できるか

 

ぎリ早く状況を確認してもらう。連絡後は、次のような流れで解決していく。

 

漏水・雨漏り・水漏れ発見・すぐに管理者に通報する

・管理会社の場合、24時間対応しているところもある

 

管理者の立会

・状況確認と原因の究明をする
・発見したときは状況を写真に撮る

 

 

原因の特定

管理者が調査

 

原因の調査及び被害の確認

・雨漏りの原因となってい る箇所を特定する
・大家さんの許可を得てか ら調査するため、時間の かかることが多い
・被害の状況を確認し、全体の被害状況をまとめる

 

漏水修繕の見積を取る

 

修繕の発注

・火災保険を適用する手配 をする
 (見積りを保険会社に提 出して補償の申請をする)
・同時に、修繕(工事)の 発注をする