マンション、アパートの賃貸

賃貸アパートの怖い盗難

イメージ

アパート等低層の場合怖いのが空き巣や盗難です。空き巣被害などの盗難にあったら、まずは警察に被害届をだします。次に賃貸管理者にもすぐ連絡してください。盗難の場合窓ガラスを割られたり鍵を壊されたりと建物にも被害が出ている可能性があります。大家さんも被害届を出す必要があるからです。被害届を出さないと、保険に加入していても補償が受けられないのです。 その後、盗難による破損箇所(玄関や窓など)を確認して、大家さんと管理会社が話し合って修繕をおこないます。費用は賃貸者に非が無い限りほとんどの場合、大家さんが負担します。 もし、入居者加入の火災保険に盗難保険(特約)も付いていれば、被害相当の補償が受けられます。