マンション、アパートの賃貸

賃貸アパートの鍵をなくしてしまったら

イメージ

よくあるのが鍵の紛失です。一人暮らしの場合鍵の紛失が一番困るでしょう。これが家族がいれば、連絡して何とかなることも多いですが、ひとり暮らしだとどうにもなりません。昼間ならまだしも夜に無くしてしまったら、ホテルに宿泊なんてことになるでしょう。
賃貸住宅では、勝手に鍵を壊したり、交換したりできません。鍵をなくしたら、すぐに大家さんに連絡した方がいいでしょう。大家は予備鍵をもっています。大家と面識があればいいのですが面識が無い場合いずれの場合も本人確認を要求されます。プライバシーと防犯上の関係から、入居者以外の人が予備鍵を持つことが少なくなっています。管理者が鍵を持っていない場合は、管理者指定の業者を呼んで、シリンダーごと交換するのが一般的です。当然といえば当然ですが交換費用は入居者が負担します。 最近は入居者が変わるたびにシリンダーごと交換する物件が増えています。防犯意識が高くなってきているからです。そのため、鍵をなくしてしまうと、退去時に鍵交換費用を負担することになります。鍵も借り物という意識を持ってしっかり管理しないと、お金を損します。念のため、管理者の連絡先を携帯電話に登録するか、手帳にメモしておくと良いと思います。紛失の際等いざというときに役立ちます。

 

 

 

いざという時のために賃貸アパート管理者の連絡席を登録しておきましょう