退去時のトラブル

退去時のトラブルについて

イメージ

賃貸の退去時修繕箇所を確認できたけれど、その請求金額が高くて納得できないという場合があります。この場合も、各都道府県などの窓口や専門家に相談するのがいちばんです。しかしその前に自分で交渉してもいいでしょうかもしれませんが、面倒なことは避けたいという人は自分で納得できる金額を提示します。たとえば、おかしいと思う部分をいくつか指示し代わりに自分の考える全額を提示します。それでも交渉が成立しないときは、相手の住所がある各都道府県に相談する旨を予告するか、「少額訴訟」を起こして訴える旨を予告します。そこで交渉が不調に終わったら、いよいよ少額訴訟の手続きをするしかありません。専門の業者に相談することになりますか、敷金返還専門弁護士や司法書士に相談するのがいいかも。インターネット検索上位のホームページに連絡してみましょう。このようなかたちで退去清算の交渉をしますが、ほとんどの場合入居者側の希望が通って満足のいく結果になっているようです。なぜかというと行政を巻き込むのも少額訴訟を起こされるのも管理者としては面倒なので、お金で納得してもらおうと解決に向かうわけです。預けた敷金を返してもらえない大家さんや管理会社の対応が悪いせいで、敷金を1円も返してもらえないケースがあります。これも、「退去清算費用が高すぎる」という問題の例と同様、最終手段としては「少額訴訟」(60万円以下の訴訟で、1日で審理が終わる)を利用します。思っているより簡単な手続きで利用できます。