マンション、アパートの賃貸

いざ不動産賃貸契約の時。契約書のなかでいちばん注意すべきことはどこだろうか?

 

 

「賃貸借契約書」には、「賃貸条件」や「禁止事項」などさらに重要な事柄が書かれています。まずこれらの事項を入念に確認です。
賃貸借契約では基本的に、入居者の不利になるような条文は書かれていません。明らかに入居者に不利な条項があった場合は、
その条項そのものが無効になります

 

 

 

 

 




項目

内容    ,

頭書

契約書によっては、重要な点を抜粋してまとめて喜いてあることが多い。

契約の締結

契約の種類について。ここに賃借契約」などとある。

契約期間

契約間始日と終了日(頭書に重推して書かれる場合もある)。

賃料

ここで家賃の金額が提示される。

共益費(管理費)

家賃のほかに支払うお金について。共益費なども協議によって増減できることになってひるか、この場合も入居者に不利な条件は無効になる。

負担の帰属

帰属とは「どちらが支払うか」ということ。不動産にかかる税金は大家さんか支払い電気代や水道代などは入居者が支払う、といったことが書かれる。

敷金

敷金がある場合、金額などが書かれる、ポイントは、預けた敷金を家賃や共益費の支払いに充てられないという点。また、退去時点で入居者が払っていないお金があれば敷金で清算するという点。

禁止または制限される行為

転貸(又貸し〉の禁止、大家さんに黙ってリフォームなどをすることの禁止、危険物の持ち込み・使用の禁止、ピ乃ノなどの使用の禁止、ペットの飼育の禁止など。契約のなかで最も重要な項目のひとつ。

入居者の管理義務

建物を借りるため、最低限の管理義務がある(普通に考えられる使用上などの注意をし哨ナればならない)と書かれている。

契約期間中の修繕

入居中に入居者が負担する修繕と、大家さんの負担する修繕の区分について契約書によっては、別表で表示されているものもある。

契約の解除

契約違反(禁止事項の違反、家賃滞納など)かあった場合の契約解除について入居者だけでなく大家さん{則の違反についても書かれる。

入居者からの解除

部屋から退去する場合の契約解除につい何か月前までに退去予告すること、すぐ退去する場合は予告期間分の家賃を支払えば解約できる、といったことが書かれている。

明け渡しおよび明け渡し時の修繕

部屋の明け渡し(退去または契約解除)の条件や、原状回復について。契約書によっては、退去時の修繕について、別表で表示されているものもある。

通知義務

大家さんは入居者に対して、家賃の支払い方法や管理会社の変更などについて知らせる義務があること、長期不在のときや、入居者が増えたり連帯保証人の状況か変わったときに知らせる義務があることか害かれている。