マンション、アパートの賃貸

賃貸契約

イメージ

正式に賃貸貸しマンションに「入居審査に合格すると、いよいよ「契約」です。契約には大きく分けて、「物件や条件の説明をすること「著名・捺印」のふたつの役割があります。ひとつめの「物件や条件の説明」は、法律で義務付けられていて、「宅地建物取引主任者資格」を待った人から、「重要事項説明(物件についての説明)」と「契約説明(条件についての説明)」があります。
こうした説明を受けて納得してから、「署名・捺印」をおこないます。これで正式に契約となります。


重要事項には何が書かれてのか

イメージ

「重要事項説明」は専門用語が多いので初めて説明を聞いてすべて理解できる人はほとんどいないと思われます。書式は不動産屋さんによってさまざまで、細かい項目も異なります。 仮に、募集時に聞いていた内容と違うことが説明書に記載されていたとしても、最終的にあなたが署名と捺印をしてしまうと、説明書に書かれた内容が正式なものとなります。あとで、「聞いていたことと違う」と申し出ても、署名と捺印がしてあるということは、あなたが納得していたことになってしまうのです。もし、説明を受けていて、わからないことなどが出てきたら、質問しましょう。良心的な不動産屋さんであれば、きちんと説明してくれます。

 


入居

契約が成立したら、いよいよ入居です。たいていは、入居に必要なお金を支払うと、鍵を受け取れます。鍵を受け取った日から家賃が発生するのが一般的です このように、賃貸(貸し)マンション探しから入居までは、時間がかかるものです。会社の入社や進学の都合で賃貸マンションの入居時期が決まっている人や、いま住んでいる住宅を退去して新居を探さなければいけない人は、
早めに行動を起こしましょう。