マンション、アパートの賃貸

賃貸の入居審査

イメージ

賃貸マンションの大家さんと不動産屋さんは、「入居後に問題となりそうな人は入居させたくない」と考えていますので、入居希望者の審査をおこないます。ただし、不動産屋さんを通して大家さんが条件をゆるめてくれる場合もあるので、当初の募集条件が絶対ということではありません。

 


契約する時大家は何処を見るのか

賃貸マンション入居申し込みや契約をするときには、不動産屋に資料を提出します。その提出資料を挙げてみました。大家は提出資料のどこも見ているかが重要です

 

 

身分証明書

運転免許証、パスポート、健康保険証等を良く見ます

 

 

住民票

現住所かあるかどうかを見ている※当たり前の話だが住所不定の人は断りたい

 

 

収入証明書

源泉徴収票、課税証明書、確定申告書のいずれか→安定的な収入がどのくらいあるかを見たい。

 

温泉徴収票

源泉徴収を提出させる場合、勤務先を確認している。

 

連帯保証人の収入証明書

連帯保証人は万一家賃などの支払いを怠ったとき、お金を請求する相手になる。その連帯保証人に支払い能力があるかを確認している。入居者同様、連帯保証人の収入が家賃に対して少ないと審査で落ちることがある。

 

連帯保証人の確約書

連帯保証人となる人に、連帯保証人として責任を負うことを了解しているかどうかを確認し、約束してもらう。
最近は、印鑑証明書を付けさせるケ−スが多い。

 

連帯保証人の印鑑証明書

確約書などには連帯保証人の実印を押すことになるので、その印鑑か実印かどうかを証明してもらう。連帯保証人になる人か連帯保証人になることを了承している裏付けにもなる。