賃貸(貸し住宅)の礼金について

賃貸(貸し住宅)の礼金について

イメージ

都内では契約時に「礼金」が必要な賃貸物件がたくさんあります。『礼金』の起源には色々な見方がありますが、戦後「家を貸してくれる大家さんに対するお礼の気持ち」から発生して東京を中心に広まったという説が有力です。それがいつの間にかこの家を借りたいなら、礼金を払うようにと大家さん主体になったと考えられます。そうして生まれたものだと考えると、住宅が飽和状態にある現代には、礼金という慣習はマッチしないように感じますが、今では大家さんが不動産屋さんに支払う広告料としての役割になっています。東京では、いまでも礼金として家賃2か月分を支払う場合がありそのうち1か月分は大家さんが不動産屋さんに広告料として支払います。