マンション、アパートの賃貸

賃貸(貸し住宅)の火災保険

イメージ

最近は世間の防災意識が高まり、賃貸物件では、入居時に必ず『火災保険』に加入することになっています。賃貸入居者用の火災保険は、厳密にいうと、基本の『火災保険』に加えて、「借家人賠償責任保険」や「個人賠償責任保険」といった各種の特約がセットされているものが多くなっています。火災のほかに、水漏れ事故、盗難なども、火災保険でカバーできるものが増えています。 火災保険に入っていない場合、仮にあなたの不注意で火災が発生し、自分の住む建物などに被害を及はしたとします。このとき、あなた自身は「失火責任法」によって賠償貞任を問われないことになっていますが、「重大なる過失」があるときは弁償しなければいけなくなります。さらに、大家さんとの契約で「原状回復義務(退去時にもとに戻す義務)」があるため、修繕費用を負担しなければいけません。結局は、たいへん大きな金額を自費で賠償(弁償)しなければならなくなるのです。 一方で、同じ建物に住むだれかによって火災か起き、被害を受けた場合、火災保険に入会していないと、あなたの受けた被害は弁償してもらえません。自分の家財などは自分で守らないといけないというわけです。 このように、自分が原因で被害を出したときの原状回復や、逆に自分が被害を受けたときのために備えて、火災保険に加入しておく必要があります。