マンション、アパートの賃貸

敷金0礼金0の裏

イメージ

賃貸を探しをしていると礼金0敷金ゼロフリーレント「引っ越し費用無料」といったように、一見お得に感じられる条件が付いた物件があります。は無料という文字は魅力的に感じられると思いますか、「ただより高いものはない」という発想からすると、「何か裏の理由があるのでは?」と疑ってしまう人もいることでしょう。

 

 「礼金ゼロ」の貸し部屋賃貸にはは、基本的に、立地や築年数のせいで条件が悪く、入居希望者が少ない物件か、競合賃貸物件が多いエリアの物件が対象になっています。入居者をどうしても決めたい大家さんが、礼金分のお金を入居者に代わって負担して、賃貸不動産屋さんに支払っているのです。逆に考えると、入居希望者が多い都心の一等地の物件や新築物件で、礼金が必要となってくるといえます。入居者の初期費用が少なくて済むことから、礼金ゼロの物件は急速に普及してきました。 とはいえ、やはり大家さん側からすると、貸し部屋入居者募集の費用が増え、さらに「敷金ゼロ」となると、万一のときの預かり金もなくなり、不安が増えることになります。
 そこで、「礼金ゼロ」「敷金ゼロ」の物件の場合、


退去時のクリーニング費用など最低限は払ってもらうことを契約書に明記する


「保証金」などと名称を変えて、礼金や敷金の代わりのお金を入居者が支払う
 といったケースがあります。

 注意すべきは『保証金』などと名称を変えて、結局は同じ金額を払わなければいけ
ないケースです。これは「礼金ゼロ」「敷金ゼロ」を売り文句にするためテクニック
です。