マンション、アパートの賃貸

賃貸(貸し)マンションの相場についてまとめ

 

要因

解説

エリア

「首都圏」「東京23区」「大阪府」など大きな範囲で考える。新聞などで「家賃が下がってきている」と話題になるときは、この大きな地域で考えた場合のことである(個々の物件の家賃に直結しでいるものではない)。

立地

「駅のどちら側か』「駅からの距離J賃貸物件周辺の環境」など、物件かどのあたりに建っているかを考える。賃貸家賃相場は立地を基準に考えられているため、大きな決定要因となる。少しの立地の違いで家賃が焉なる。

間取りと広さ

部屋の広さが小さいほど、家賃の単価は高くなる。また、地域や立地によっては、まわりに同じような広さの物件か多くて競合が激しければ、家賃が安くなることもある。間取りも関係する。

築年数

建物が改てられた年。基本的に古い建物ほど家賃は安い。耐震性や設備などの不安や、不便な点が家賃に反映される。ほぽ同じ立地で同じ広さでも、新築なら家賃10万円、築40年なら家賃7万円、という例も。

設備

防犯システム、空調機器など、どういった設備がついでいるかによって、金額は小さいなからも家賃に影響がある。設備の新しさも関係する。