マンション、アパートの賃貸

家賃交渉について

イメージ

賃貸を探しをしていて、もっと家賃が安かったら良いのにと思うことがあるのでないでしょうか。「家賃を下げてほしいけど、お願いして入居を断られたらどうしよう」という不安や、「もともと決まった家賃だから家賃交渉なんてできるわけがない」という思い込みから、提示された金額を受け入れる人のほうか多いかもしれません。しかし家賃交渉はやってみる価値があります。期待はしてはいけませんが、ダメモトと思って聞いてみるのがいいでしょう。 ズうずしく自分の希望を言ってみましょう。実際に大家さんからすれば、物件が空いているより人を入れて少しでもお金が入ってきた方が得なのです。ただ時期も関係します。3月4月は需要が旺盛なので、確実に売り手市場です。これが5月中旬を過ぎると賃貸が落ち着くので、この時期実は一番賃貸探しに有効です。この時期に空いている物件は大家さんからしても早く人を入れたいという考えがあるので価格交渉に応じやすいのです。時期的には「9月中旬〜12月」も人の動きが少ないので借り手市場です。より有利な時期を選ぶことをオススメします。