マンション、アパートの賃貸

賃貸マンションと賃貸アパート1DKと1LDK等英語表記について覚える

image

賃貸マンションと賃貸アパートの間取りに表記されている英語の意味は下記の通りです

 

・Lはリビング

 

「D」はダイニング(食堂)、
「K」はキッチン(台所)
「DK」はダイニング十キッチンつまり食堂と台所
「LDK」はリビングダイニッグ十キッチッちん(居間兼食堂+台所)ということになります。
ちなみに「1DK」と「1LDK」の違いははリビング(居問)を意味します。

 

実はDKとLDKの違いに明確な規定はないのです。しかし賃貸業界では「8畳未満はDK」「8畳以上はLDK」といのが
慣例です。 8畳で「LDK」表示の部屋を実際に見てみたら、狭いと感じることもよくあります。
その一方で、『DK』表示ながら実際にめちゃくちゃ広い物件ものです。
そのためやはり現場を見ることは大事です。後悔しない賃貸探しのこつは
実際に賃貸物件に訪問し、広さを見て賃貸マンション(貸しマンション)や
賃貸アパート(貸しアパート)を見ることが基本です。


眺めがいいのを深読みすると・・・

ポータルサイトに、「眺望良好」と書かれていることがあります。マンションの上の階であれば、立地も良いので、眺めの良い賃貸マンションかもしれません。
しかし、2階建て賃貸(貸し)アパートで「眺望良好」と明記の場合は要注意。考えられるのは「坂の上」か『丘の上』か「山の上」。物件から駅までの道に必ず
坂があると思って良いので、賃貸サイト情報に表示された徒歩+に坂を上る時間も入れておいた方がいいでしょう。足腰が鍛えらるので体を鍛えたいかたには
ちょうどいいかもしれません

賃貸の間取り図のS 「1SLDK」は「2LDK」とは広さとしては同じ

image

 

賃貸マンション(貸しマンション)賃貸アパート(貸しアパート)の物件によっては「1LDK十S」や「1SLDK」など、「S」
表記の入った物件があります。
このsとはなんでしょうか?この「S」とは、サービスルームのことです。
このサービスルームの広さはさまざまです。要は建築基準法で「窓が小さい場合、部屋として認められない」と決められているため、居室として扱えないスペースをSと表記しているのです。
sは別名「納戸」と表記されることもありますが、必ずしも納戸だけではないのです。生活に支障なく、普通の部屋として使うことができます。「1SLDK」は「2LDK」と同様ということです。 2LDKの部屋を探している人は、「Sは=日当たりの悪い部屋」と考えて探すといいでしょう。賃貸マンション・アパートの(貸しマンション)選択の幅が広かるというものです。


賃貸の部屋の広さ

image

日本では、一般的に畳何枚分かで賃貸マンションアパートの部屋の広さを表します。日本人は畳が広さを示す尺度ということになります。和室だけでなくフローリングの部屋でも、[洋室6畳]「LDK8畳」といったように畳の数で示すことが多いす。これは通常
畳あたりの数字に違いがあるのは、「本間」「江戸間」「京間」など畳の種類によって大きさが異なるものがあるためです。


PR情報

ビジネス拠点に最適なバーチャルオフィスをご紹介。月額2000円〜の激安・格安なバーチャルオフィスです!
詳細は下記から
バーチャルオフィスのオフィスナビです